現金化がダメな理由知ってる?カードの個人会員規約に違反しているからだよ

クレジットカード現金化と言うサービスが近頃見られますがご利用してはいけないです。
それはカード会社の規約にクレジットカードの現金化と言った換金を目的とした商品の購入は違反と書かれているからです。

もし違反がバレるとどうなるか

もしクレジットカード現金化を利用してカード会社にバレてしまうとカードの利用停止や会員資格の取り消しとなる恐れがあります。
カード会社によっては法的措置を取ることが出来るものと書かれている場合もあります。
本人の会員資格が取消されると家族カードも取消されます。
さらに支払がまだ残っている場合は未払い分をすぐに支払しないといけないです。
分割払いやリボ払いでお支払していてもすぐに支払することが必要なので、クレジットカード現金化をご利用するとデメリットが大きいです。

バレないためには、現金化業者を活用することがおすすめ
現金化業者を選ぶときのポイント

なぜクレジットカード現金化のご利用が禁止なのか

なぜカード会社がクレジットカード現金化を嫌うのかその理由は滞納されるリスクが高まるからです。
クレジットカードのショッピング枠で商品を購入すると、カード会社がご利用者に立て替えして加盟店に商品代金をお支払します。
ご利用者はその後にカード会社にお支払すると言う流れになっています。
お金に困ってクレジットカード現金化に手を出すことが多く滞納されるリスクが高まるためにカード会社が嫌っています。
クレジットカード現金化は本来の目的とは違うご利用の仕方です。
買取型と言う現金化業者は購入した商品を買取して現金化していますが、カード会社へのお支払が終わらないうちは商品の所有権はカード会社にあります。
本人に所有権の無い商品を転売してしまうことはできないです。

クレジットカード現金化をご利用して後で後悔しないように、最初から手を出さないほうが無難です。”