クレジットカードの現金化をやってはならない理由に関して

クレジットカードの現金化とは、利用者側が、必ず大損してしまいます。

仮にお金を支払ってもらったとしてでも、以降にはそれ以上もの、大きな金額の借金を、確実に背負ってしまう状態へと、完全に陥ってしまいます。

その時には、便利なシステムであったとしても、結局一時凌ぎにしかならない、最悪のシステムだとも言えます。

なので、クレジットカード業者を、自らが進んで利用する行為は、絶対に止めておいて下さい。

この利用金額などを、金利にして、正しく換算し直す事で、びっくりするような、借金金額へとなってしまいます。

利用した現金化業者側の、キャッシュバックの確率はが、例え9割位になっていてでも、実際の年利では、3割ほどへと、 大きく膨れ上がってしまいます。

キャッシング自体が18%になっている為、確実に法に触れたりする、違法な金利だと言えます。

ですので、消費者金融と比較してでも、現金化業者の方が、間違いなく損をしてしまいます。

消費者金融会社と契約を結んで、カードローンサービスを、受けて行く方が、安全だと言えるんです。

クレジットカード会社側では、現金化する行為そのものを、まず認めておりません。

もしも現金化の事実が、契約先のクレジットカード会社へと、知られてしまう事により、大切なカード自体は、忽ち停止されてしまい、強制的に解約させられてしまいます。